iPhone-6

Appleが開発中のiPhone6は現役のiPhoneのiPhone5sのどこがどう変わるのかをリーク情報から予測したいと思います。

iPhone5sは、パフォーマンスやバッテリーなどでかなり良い評価を得られましたがそれはまだiPhone5の「s」です。Appleはブランド名にsを入れ始めましたがそれはつまりiPhone5の改良版というふうに捕らえても良いと思います。

そのことから、iPhone6では大きな変化があるかもしれません!iPhone4SからiPhone5になったときのような衝撃を得られるかも。

iPhone6の最新リーク情報はコチラ、iPhone6情報 発売日、性能、デザイン、機能、iOS8の予想が沢山!

スポンサードリンク

名前

iPhone5sから名前が変わります。その名前は、まだ公式には発表されてはいませんが様々な予測がされています。単純に今までの命名規則でiPhone6なのかiPadAirのようにiPhoneAirになるのか。それとも、iPhoneではなく全く別の名前になるのか。

ディスプレイ

iPhone6で一番話題になっているといえば画面のサイズが2種類になるかもしれないということ。ひとつは現行のRetinaディスプレイがそのまま利用されるらしい。新技術のサファイアディスプレイは大きな画面のiPhoneでしか採用されないらしく、ここで自分が予測しますがiPhone6とiPhone6cのようになるかもしれないですね。

iPhone6Cの噂や画像、リリース日などのリーク情報

unnamed-3_0

iPhoneは他のスマートフォンのようにバカみたく大きくなく小さめで大きいサイズなのが特徴なので画面が大きくなるとしても本体サイズはさほど変わらないと思われます。画面が大きくなれば大きくなるほど本体も大きくなるなんてことはないと思いますが・・・。そしてこのサイズでは、フルHDで出力できる。

そして、ディスプレイはOLEDディスプレイではなくIPS液晶へと変わるという噂も。

CPU

iPhone5sに搭載されたプロセッサはAppleが開発した64bitのA7プロセッサで、iPhone5sが発売されてからかなり良い評価を受けています。

スマートフォンに64bitのプロセッサが搭載されたのは史上初で、1GBの豊富なRAMと1.3GHzのデュアルコアプロセッサでベンチマークテストを行うとその他のスマートフォンに大差をつけて性能勝ちしてしまいます。

iPhone6はさらにパフォーマンスが向上すると見られており、プロセッサ名はA7XになるのかA8になるのか。それよりも、iPhone6はクアッドコアになる可能性があります。iPhone5sは現時点でクアッドコアのスマートフォンよりベンチマークテストでよい結果を残しています。

apple-a8-teaser-001

カメラ

iPhoneのカメラは他のスマートフォンに搭載されているカメラに比べて低解像度なのに高画質を誇るという謎のカメラとなっています。その理由としてセンサ技術の躍進がみられます。

詳しくは、iPhone6に搭載されるカメラに迫る。次世代iPhoneカメラとは

カメラ自体の解像度は変わりませんがセンサー技術が新たなものに変わるらしいです。

screen_shot_2013-09-10_at_19.35.16_2

iOS

iOS6からiOS7へのアップデートは今までのOSアップデートの中でも一番驚くような変更があったと思います。フラットデザインに変更されたことでiPhoneの操作性がガラリと変わりました。

さすがに2連続でデザインや操作性が大きく変更されるとは考えずらいため、OSにそこまで変化はないとしても新機能は必ずついてきます。

iOS8について、iOS8のリリース日、機能のウワサや画像

今までのtouchIDはただ単に、ロック解除とitunesのパスワード回避のみに使われてきた地味なものだったがiOS(iPhone6)ではtouchIDの機能が大幅になり、touchIDが主流になると思います。現時点でのtouchIDはテストのようなものだと思います。

touchIDの利用価値はどんどん広がって行く。

ハードウェア

カラーに関しては、特にリーク情報もなく前回までのスペースグレー、シルバー、ゴールドの3色で間違いないと思います。ストレージにも大きな変化はないと思いますが128GBのiPhoneがでてきてもおかしくはない。

iphone_5s_colors