仮想通貨

【随時更新】コインチェック580億円のNEMが盗難された事件の全容と今後のまとめ

更新日:

人類史上最大の盗難事件

1月26日人類史上最大の盗難事件が日本の仮想通貨取引所「コインチェック」で起きてしまった。

盗難されたのは人気仮想通貨NEMで、時価総額1兆円を超す巨大コインだ。

盗難額は盗難時レートにして約580億円で人類史上類を見ない最悪の盗難事件となる。ちなみに2位はMt.GOXの盗難事件でどちらも仮想通貨、どちらも日本での出来事だ。

CC盗難事件の全容

coincheck NEMの入出金、売買を停止

1/26 12時頃、coincheck運営陣がNEM残高の異常な変動に気が付きNEMの入金を停止した。

その後、1時間を待たずにNEMの売買・出金を停止し、NEMがcoincheck上で凍結された。

大量のNEM送金をユーザーが報告

ユーザーがcoincheckにて異常な通貨の移動があったことをTwitterにて報告。

通貨の移動経路が複雑且つ異常なことから既に盗難だとみる人も既に多いたが、この段階ではまだ盗難とは確定しておらずBitflyerがNEM新規上場の為にXEMを買い占めたなど様々な楽観的予測が飛び交っていた。

coincheck JPY含む全通貨の出金停止

夕方頃、日本円を含む全通貨の出金を停止しcoincheckからの資産移動が完全に出来なくなった。

その後、アルトコインの売買、銀行振込以外の日本円入金を停止を発表、coincheckから具体的アナウンスなくこの辺りから楽観視していた人も不安になってきたと思われる。

coincheck本社には報道陣も押しかけていたが、社員達はそこまで事を気にしている様子はなく楽し気な雰囲気だったそうだ。

NEM財団の発表により盗難が確定

相変わらずcoincheckは何のアナウンスもしなかったが、NEM財団代表がコインチェックがハッキングされ大量のNEMが不正に移動されたことを発表。

盗難が決定的となり、本社前には多くの資産を投じた投資家達が押し掛ける事態となった。

今回の盗難はNEMの技術とは関係ない為ハードフォークの実装は不可ということも加えて発表した。

財団として今回の事件解決に積極的に協力するとコメントしている。

NEM財団代表Lon Wong氏のツイート

coincheck 記者会見

26日深夜12時頃に代表取締役、COO、弁護士の3人で記者会見を開いた。

記者会見では

・不正アクセスによってcoincheck保有NEMのほぼ全てが盗難された

・盗難されたNEMは約5億2300万枚、盗難時のレートで約580億円

・盗難されたものはホットウォレット上のもの

・マルチシグネチャ非対応

等が判明。

coincheckは通貨をコールドウォレット(オフラインウォレット)で管理していると発表していたが、実際はホットウォレット上で管理されており詐欺ではという見方もある。

ネット上では、coincheckがすべての通貨をNEMに変えてハーベスティングしていたのではなどの様々な憶測が流れ、NEM以外の通貨も凍結されてしまうのではという声も少なくなかった。

もはやだれもがMt.Goxの二の舞だと思っただろう。

コールドウォレットとホットウォレット

コールドウォレットはインターネットと遮断されたウォレット、ホットウォレットはネットワーク上にあるウォレット。

通常、取引所はオンライン上に通貨を置くのはハッキングされる場合など非常に危険が付きまとうため基本的にはコールドウォレットに保管している。

流動性を確保するために数パーセントホットウォレット上に置いておくのが基本だ。

マルチシグネチャ

マルチシグとは、コインの移動の際に必要なキーを複数用意することで、セキュリティを飛躍的に向上させる技術の事。

最近の一般的な取引所ではこの方法をとっており、マウントゴックスの際もマルチシグなら防げていたともいわれている程。

今回はcoincheckもマルチシグ対応していると公表していたが実際には対応していなく、問題となっている。

しかもNEMは取引所にマルチシグを利用するよう呼びかけていたようだ。

仮想通貨全体が冷え込む

580億円と類を見ない史上最大の盗難事件となり、NEM以外の通貨も軒並み下落し、120円程だったNEMは一時80円を割った。

NEM財団が対策案を発表

市場最大のハッキングは数時間以内にネムのコミュニティによって解決されます。これはネムのプラットフォームとチームの強さを示すものです。

ネム財団、流出資金の自動追跡プログラムの開発を開始「数時間で事件は解決する」

NEM財団は、盗難された通貨にモザイクマーキングすると発表。

これによって盗難されたNEMは盗難されたNEMということがわかるようになった。これは例にするば、銀行から盗難されたお札全てにペイントボールを的中させた感じだ。

しかし、盗難されたということがわかるだけで使うか使わないかは世界の取引所に任されている上に、どこかの取引所が扱ってそこから不特定多数の人間に分散されてしまえばもう止めようがなく意味がないではという声が挙がっている。

加えて盗難に財団が首を突っ込むことによって中央集権を嫌うホルダーからも失望の声があがり結果的にどちらからも非難を浴びる結果になった。

ただ、解決への道筋を立てたということもありNEMは20%ほど相場を高騰させた。

犯人を追跡していたのは日本人

財団が追跡プログラムを作成している間は日本人のホワイトハッカーが犯人のウォレットを追跡して通貨の移動を記録していた。

その人物はなんと女子高生、17歳ということだから驚きだ。

coincheck ビットコイン決済サービス停止

coincheckが提供しているビットコインで決済ができるサービス「Coincheck payment」にて日本円入出金、支払いを停止すると発表。

破綻との見方が濃厚になり、炎上は収まりそうもない。

coincheck 被害の補償を発表

28日、coincheckはNEMを保有していた全ユーザーに日本円での補償を発表した。

総額5億2300万NEM、保有者約28万人に全額補償されることが発表されしcoincheckユーザーからは安堵の声が聞こえてきたが、交換レートへの不満や本当にそんなキャッシュをもっているのか分からないなどまだ不穏な空気は漂ったままだ。

レートは1NEM=88.549円で国内NEM取引高日本一のZaif取引所のレートで決定したとのことだが、盗難時とのレートの差もあり素直に喜べないのも頷ける。

時期や方法はまだ未定であり、高値でNEMをつかんでいたユーザーからは強制的に損切りさせられたとの見方もありまだまだ一波乱ありそうだ。

一部のユーザーは喜びの声?

通常、仮想通貨で得た利益は雑所得となり額にもよるが最大が半分近く税金を納めなければならないことになるのだが、損害賠償の場合は非課税となるらしいのだ。

88円で強制利確されてしまったが、利益が数億円、数十億円となっている人は数億円分もの税金が浮いたことにもなる。

coincheck すべての通貨の入出金再開の目途立たず

coincheckは、日本円含むすべての通貨の入出金再開の目途が立っていないことを発表した。

流石にこの状況から入出金を再開した場合、取り付け騒ぎになりそれこそ破綻一直線なのだから仕方がないだろう。

cc代表 大塚氏「返金に必要な預金は十分にある」

coincheck代表の大塚氏は返金に必要な預金は十分にあると発表した。

この「預金」というのが、ほかの通貨での預金を指しているかは不明だが多くのユーザーがこの発言に反感を買ったようで、またしても炎上している。

一方で金融庁、検察庁はcoincheckに返済能力を確認できないとの発表をした。

金融庁、coincheckへ業務改善命令

29日、金融庁はcoincheckへ業務改善命令を下す方針を固めた。

coincheckの杜撰なセキュリティ対策、経営に問題があると判断されたようだ。

金融庁はccに対し原因追及と再発防止を厳しく追及していくと思われるが、そもそもcoincheckが経営を再開できるかは不明だ。

SBI北尾氏激昂

1月30日、SBIホールディングス決算説明会にて、代表北尾氏がコインチェックに対して「カス中のカス」

セキュリティを蔑ろにしてCMに莫大な費用をかけていたコインチェックに怒りが収まらない模様。

https://www.youtube.com/watch?v=xdncNU0-Aoo

SBIは暗号通貨に積極的に投資している為、暗号通貨の今後を潰してしまうようなことをしたコインチェックに対して怒るのもしょうがないことかもしれない。

コインチェックがSBIに買収される線も消え、コインチェックユーザーはどん底の気持ちだろう。

bitflyer lisk上場

31日、国内大手取引所ビットフライヤーにリスクが上場した。

昨年MONACOINの暴騰を引き起こしたビットフライヤー上場だが、地合が悪すぎたこともあり大した高騰はみられなかった。

金融庁コインチェックへ立ち入り調査

2月2日朝、金融庁はコインチェックへ立ち入り調査を開始した。

先月業務改善命令を下したが、結果を待たずに強制立ち入り調査に踏み入るのは異例のようだ。

ユーザー補償資金の返金能力や安全管理体制や代表の詐欺疑惑など詳しく追及していく方針と発表している。

代表やCOOから聞き取り調査を行った結果、資金の出処が不鮮明。

今後、コインチェック社には検査官10人が常駐することとなった。

Tether問題再発

coincheckとは関係なしにテザー問題によって仮想通貨の相場は大暴落した。

テザー問題についてはこの記事を参考までに。

https://wired.jp/2018/01/31/tethers-collapse/

この騒動でNEMは一時50円を割ることになり、まさかのcoincheckの強制利確が救いの手になった可能性がある。

coincheckからすれば少しでも安くと88円での補償に踏み切ったのが裏目にでたようだ。

-仮想通貨

Copyright© モバイルセンター , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.