仮想通貨バブル

仮想通貨が今年に入り本格的に注目を浴び始め、5か月たった今、総大将ビットコインは1btcあたり20万円を超え、とどまるところを知りません。今月に入り注目を浴びていなかったその他の通貨も一気に高騰し、リップルは1xrp=0.5円から50円まで伸ばし、未だ高騰し続けています。(自分は22円組ですが、ちょっぴり儲けさせてもらいました)

スポンサーリンク

仮想通貨の発行

時価総額の大きい順に紹介していきます。時価総額はcoin market capにて確認することができます。

 参考  https://coinmarketcap.com/

時価総額や、コインの価値は日々変化していますので、このランキングが必ずしも正しいとは限りません。正確な情報を知りたい場合は、上記のリンクからご確認ください。(発行枚数に変化はありません。)

ビットコイン 2100万枚

Bitcoin

総発行枚数 21,000,000枚(2100万)

時価総額 2.8兆円

仮想通貨の総大将

時価総額は圧倒的に大きく、1枚あたり20万円と非常に高額です。

リップル 1000億枚

Ripple

総発行枚数 100,000,000,000枚(1000億)

時価総額 1.3兆円

発行枚数が非常に多く、1枚当たりの相場が安価なのが特徴です。

イーサリアム 7200万枚

Ethereum

総発行枚数 21,000,000枚(7200万)

時価総額 8400億円

ライトコイン 8400万枚

Litecoin

総発行枚数 84,000,000枚(8400万)

時価総額 1200億円

ネム 9億枚

NEM

総発行枚数 900,000,000枚(9億)

時価総額 1000億円

ダッシュ 2400万枚

DASH

総発行枚数 24,000,000枚(2400万)

時価総額 630億円

日本円

総発行枚数 344,422,500,000,000枚(344兆4225億)

参考までに日本円の発行枚数です。総発行量とは違いますが、目安としてマネタリーベースの数値です。

まとめ

ちなみに、この時価総額の大きい仮想通貨を全て一つの取引所で行えるのは、CoinCheckのみです。その他のコインも取り扱っており、日本の会社が経営しているので海外口座を使うより安心して使うことができると思います。

ちなみに自分もCoinCheckを利用しています。

参考 コインチェック

やはり今買うならリップルですかね。