プロゲーマーの収入

プロゲーマーの収入源は、大会やリーグの賞金です。他にはスポンサー収入などもありますが、基本的には大会の賞金が収入に直結します。世界のプロゲーマーでは大会の賞金だけで年間何億円も稼ぐ人が大勢います。

大会の賞金額は、それに見合って賞金規模は数十億円にも達します・・・!

関連記事 世界の大規模大会の賞金総額ランキングトップ10

日本での大会では法律の問題で多額の賞金を付けることができません。ですので、日本でのプロシーンは盛り上がりに欠けていますが、日本から世界のプロシーンに飛び出し大金を稼いでいる日本人の方も少なからずいます。

もちろん、世界規模でみれば日本の存在感は極端に小さく、獲得賞金額を国別にみれば米中韓が大半を占めています。

関連記事 Eスポーツの大会賞金獲得額は米中韓が独占。アジアでは完全に中国韓国のツートップ状態

スポンサーリンク

日本のプロゲーマーの獲得賞金額

1位 Daigo

タイトル Street Fighter

獲得賞金額 20,200,000円

梅原 大吾

2位 かずのこ

タイトル Street Fighter

獲得賞金額 20,000,000円

井上 涼太

3位 ももち

タイトル Street Fighter

獲得賞金額 12,700,000円

百地 祐輔

4位 ふ~ど

タイトル Street Fighter

獲得賞金額 11,400,000円

阿井 慶太

5位 ときど

タイトル Street Fighter

獲得賞金額 11,000,000円

谷口 一

6位 ノビ

タイトル 鉄拳

獲得賞金額 6,300,000円

7位 ハイタニ 3,700,000円 Street Fighter

8位 ボンちゃん 2,800,000円 Street Fighter

9位 マゴ 2,500,000円 Street Fighter

10位 ガリレオ  2,400,000円 BlazBlue

格ゲーが圧倒

世界のeスポーツの中心は、LOL・DotaなどのMOBA、CS;GOやOWなどのFPSですが、日本のプロゲーマーのトップたちはほとんどが格闘ゲームのプロゲーマーです。

最も人気のあるLOLでは、日本を代表するプロゲーム団体DetonatioNのLOL部門 Ceros選手 が60万円で43位にランクインしています。

ソース https://www.esportsearnings.com/countries/jp

ちなみにストリートファイターの賞金規模は53トーナメントで8000万円程ですが、世界一賞金総額の多いゲーム「Dota2」の賞金規模は120億円程でプロゲーマーは2000人以上存在します。