123

iPhoneが故障しゃちゃた⁉︎ 困った時の画面修理方法3選!!

日常生活でiPhoneを操作している時に、床に落として画面が割れしまったり、水没させてしまって困った経験はないでしょうか。
今回は、そんなとトラブルでiPhoneが故障した時の画面修理方法をご紹介します。

スポンサードリンク

正規のApple修理サービスを活用!!

iPhoneが故障した時の修理方法の一つとしては、Apple修理サービスの活用です。
まず、故障で困った時は、正規の修理サービスで問い合わせるのが一番です。
問い合わせる時は、大手キャリア等で契約、購入しているケースと直接Appleストアなどで購入したケースの二つがポイントです。
大手キャリアの場合は、携帯会社経由でAppleに修理を出すことになります。もし、契約時に修理サービスであるApplecareに加入していると、修理代が3000円前後で済みます。さらに携帯会社によっては、代替機サービスで修理中も携帯が使用できるので、真っ先に携帯会社に相談しましょう。
二つ目の直接購入では、Appleストアへ直接持っていくか、電話またはメールで問い合わせの上でAppleへ郵送する必要があります。
こちらの場合でも修理サービス加入の有無で修理代が違うので確認してみましょう。

民間の修理サービスを利用!!

他のiPhone修理方法は、民間の修理サービス利用です。iPhoneやスマートフォンの修理などをサービスとして扱う店舗が全国各地にあり、正規の修理サービスと比べて、安く、素早く済む一方で修理後の不具合など問題がトラブルが発生しやすいです。
また、東京などの関東地方では、出張修理サービスなども出てきているので一度インターネットで探してみるといいです。

 リンク  壊れたiPhoneを修理する方法

低コストで自分で修理する!!

3つ目としては、自分でiPhoneを修理して、低コストで抑える方法です。
自分で修理すれば、修理代が低コストですぐにできるメリットがあります。
しかし、スマートフォンなどの修理技術や知識がないと、逆に故障や不具合の原因となります。そのため、修理する時は、自己責任でやりましょう。