得する情報を不定期で更新していきます。個人ブログ。

モバイルセンター

etc IT・ガジェット

アングリーバードをプレイするとスパイ機関に個人情報を抜かれる!?

更新日:

angry-birds

 

海外のリーク情報サイトにアングリーバードから個人情報が抜かれているという記事を見つけたので紹介したいと思います。

*日本の話ではないが、日本も関係あるかも。

アングリーバードとは

AngryBirdsはスマートフォン向けゲームアプリで、iPhoneにはもちろんAndroidにもある。操作が鳥を飛ばすだけというシンプルさもあって累計ダウンロード数はなんと世界で17億ダウンロードともいわれているらしい。

個人情報流出

海外リーカーのエドワード氏から、「アングリーバード開発元のRavioが米国のNSAや英国のGCHQなどの諜報機関にユーザーの個人情報を提供している」という情報がリークされた。これをガーディアンやニューヨークタイムズが報道した。

ガーディアン紙はgoogleマップにも同様のことが言えると報じています。

英国GCHQの会見

リーク情報についてのコメントはせず、すべては承認範囲内で行っていると述べた。イギリスの諜報機関報告書には、アプリを使って個人情報を抽出する方法を公開しました。この技術を使えばその他のアプリでも同様のことが可能になるそうです。

NSAの会見

有効な情報のみを搾取し、すべて法律の範囲内でのみ行っている。と述べている。

政府は個人のスマートフォンに侵入できる

米国や英国の国営機関がこのようなことを行っている限りでは、アプリを使って個人情報を搾取できるとなっている為特定のアプリを入れていればスマートフォンの情報を無断送信されている可能性もある。例えば、BaiduIMEみたいに

Ravioは否定

angrybirdsの開発元はこの件を否定。事実確認を行っておりもし事実ならパートナー契約を断ち切る可能性もあると述べている。

考察

17億ダウンロードもしているとなるとものすごい量の情報が収集できそうだけど本当に収集されているかわからないな~。一方的に取ってるだけかも。そんなことより、色々なサイトで書いてあることがマチマチだから読みにくい文章になった上文才がない&翻訳が下手だからな・・・。てか個人がリークした情報なのかな?

関連記事

-etc, IT・ガジェット

Copyright© モバイルセンター , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.