得する情報を不定期で更新していきます。個人ブログ。

モバイルセンター

etc iPhone IT・ガジェット

iPhone6情報 発売日、性能、デザイン、機能、iOS8の予想が沢山!

更新日:

iphone_air

最新iPhoneの名前

Appleの携帯端末で次に発売されると思われる、"iPhone6"の正確な名前はまだ判明していません。それは多分、次期iPhoneの完成段階になったら決まることだと思います。iPhoneは今までiPhone~という、iPhoneの後ろに数字を入れていましたが、iPad Airなど端末名+数字の規則をAppleが従う根拠がないので次期iPhoneは名前が変わる可能性もあります。しかし、現段階で一番信憑性が高い端末名は"iPhone6"です。

最近、台湾からのiPhone6の報告のうち新しいiPhoneの名前はiPhone6でもiPhoneAirでもなく、全く別の名になるという報告もありました。それか、2種類あるiphoneのうちサファイアガラスを使用するのは大きな画面の端末でその大きな端末の方の名前だけが変わるかもしれませんね。(iSapphireとか。)

iPhone6はiPhone5sどこがどうかわるのか

セキュリティ

iPhone5Sに搭載されたTouchID(指紋認証システム)は賛否両論ありましたが、これはそのままiPhone6にも搭載されるらしいです。それ以外の最新セキュリティに顔認証システムを搭載するらしいです。TouchIDは他社の技術を買い取り搭載しましたが、顔認証システムはAppleが現在iPhone6用にと独自に開発を進めているようです。顔を使用するだけあって指紋データの時と同様に賛否両論ありそうですね。

iphone_6_facial_recognition

カメラの性能

今現在、Appleが特許申請中の機能をiPhone6に搭載する可能性が高いらしいです。その機能は実際に撮影したときの画像のピンボケを修正するオートフォーカスでカメラの画質自体はソニーのXperiaなどの端末より低いとしても実際に残る画像はAppleのiPhoneのほうがキレイだと思われます。iPhone6にはスローモーションビデオで高FPSの撮影ができるらしいです。

詳しいカメラ情報は

iPhone6に搭載されるカメラに迫る。次世代iPhoneカメラとは
iphone_6_camera

厚さ、重さ。ディスプレイサイズは4.7インチと5.7インチ?

こちらは、中国のリーカーが公開した新型iPhoneのフレーム画像。2枚目の画像によれば、新型iPhone(iPhone6)は厚さ6mm以下と考えられます。Appleはいままでキャッチフレーズに軽さ、薄さをアピールしてきたのでこれからもApple製品は薄く、軽くなり続けると思います。さらに、韓国のメディアがiPhone6はiPad Airのように"iPhone Air"と呼ばれる可能性を発表しています。重量はiPhone5Sよりさらに軽くなると言われています。112gより軽いとなるともうポケットの中にiPhoneを入れていることにすら気づかなくなりそうです。スマートフォン市場最も薄いiPhoneですがiPhone6でさらに薄くなるのは驚きですね。

iphone6_frame_2

iphone6_frame

次にディスプレイサイズ。ディスプレイサイズは2種類用意されると予想されています。ディスプレイサイズによって端末の名前が変わるかはわかりませんが多分変わると思います。用意されるサイズは4.7インチと5.7インチ。中国からのリークは引き続き受けているので正確な情報はまだわからないですが、4.7インチと5.7インチが今一番信用できる情報です。実際に、画面製造の下請けのFoxcconが2種類のiPhoneがあると発表しています。それに加えてiPhone6に採用されるディスプレイはサファイアが組み込まれていて非常に頑固な強度のディスプレイが完成するそうです。

foxconn_lunch620x418

発売日は2014年5月である可能性

iphone-air-3今まで、Appleは9月に新型iPhoneを発表していましたが、今作からそのサイクルが崩れると台湾のDigiTimesが指摘しています。しかし、秋に発売だ!という声も少なくないそうです。

なぜ2014年5月なのか?

iPhone5SとiPhone5Cの販売日傾向による解析と、各下請けメーカーの製造状況などからの2014年5月に発売されるのではと思われているらしいです。この件とディスプレイサイズの件でAppleに多くの問い合わせが向かっているらしいですが、Appleはまだ答えられる体制に入っていないようです。

Appleは曲面スクリーンを使用する技術をもっているか?

flexible_oled

長い間、iPhoneのディスプレイは曲面になるのではないか、と思われていましたが遂にその技術をAppleが使用するかもしれません。なぜならAppleが最近、曲面上でのタッチスクリーンに関する特許申請を行ったらしくこれもiPhone6に搭載されるかも!と噂が広まっています。

iPhone Airの予想動画

SET Solutionより、iPhoneAirの予想ムービーがあげられています。本当にこうなるとかなりすごいですよね。

iOS8はどうなるのか

もちろん、iPhone6にはiOS8が搭載されます。しかし、iOS8がどのようになるかはまだ誰も発表していません。しかし、明らかに分かっていることはApple純正マップの改善です。それ以外は時期に分かってくるのでそのときを待ちましょう。

iPhone6のバッテリーの持ちは?

iPhoneは毎回少しずつバッテリーの機能を向上させてきているのでiPhone5Sより更に持続効果の長いバッテリーになると思われます。しかし、ディスプレイサイズも大きくなるのでそこらへんで相殺しそうですね。少なくとも前作より持ちが悪い。ってことにはAppleはしないと思います。

ストレージ、つまり本体容量は?

iPhone5Sは16GB,32GB,64GBが発売されました。しかし、それはもうiPhoneユーザーにとって満足のいく容量ではないとされ32GB,64GB,128GBと予想されています。現にiPhoneの容量は初代の8GBから増え続けています。

iPhone6は前作のiPhoneよりコストがかかり高額になる?

iPhone6の制作コストがiPhone5sなどより高くなっているらしいです。しかし、iPhoneの最近の傾向として値段の変動が小さいのでコレは心配しなくてもいいと思います。しかも、日本に関してはSIMフリー機でもない限りキャリアと契約したとき本体使用料に含まれるのであまり関係ありませんね。

より正確なタッチパネル

iPhone6にはより正確な性能のタッチパネルが搭載されると思われています。それは、Appleが新しく発明した、タッチスクリーンに加えられる圧力を更に細かく認識できる技術によるものだと思います。

情報元:KnowYourMobile

関連記事

-etc, iPhone, IT・ガジェット

Copyright© モバイルセンター , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.