iOS_9_release_date_rumours_800home_thumb800

 ソース  Mac world.co.uk

iOS8がリリースされて数ヶ月が経過しましたが既にiOS9のウワサや予測がされはじめています。

イギリスの雑誌、MacWorldでiOS9の予測機能などが紹介されているので日本語で紹介します。

 関連記事  【最新情報】iPhone7のデザイン、機能、性能の予想

スポンサーリンク

はじめに

まずこの記事はMacWorldの中で紹介されていた、「予測」や「噂」を掲載したもので確定した内容ではありません。

最新情報はリーク情報が公開される度に追加していきます。

iOS9の噂

今作のiOSが「iOS8」。それからして、来年リリースされるとみられるiOSは「iOS9」であると思われます。

Appleは毎年、iOSに驚くような革新を起こしているのでiOS9にはかなり期待できます。(今年のiOS8の反動)

iOS9:リリース日

iOS9は毎年恒例の月にリリースされると予測して、リリースされるのは9月くらいだと思われます。

それまでの約10ヶ月間iOSやiPhoneに関する情報はリークされ続けるのでこれからドンドン新情報が追加されていくでしょう。

夏には*WWDCで新デバイスの公開も行われます。そのころに具体的な日付は決まってきます。

*この時点でデベロッパなどには新iOSが使えるようになります。(一般人が使う方法もある)

iOS9:iPhone・iPad・iPod touchの互換性

iOS9はどの端末まで利用が可能なのか。

今までの傾向によると、その年に発売されたiPhoneやiPadの新デバイスセットが対象リストに追加されます。

対して、古いデバイスの方から*「1つ」か「2つ」アップデートできなくなります。

*例えば、iPhone7がiOS9に出来る代わりにiPhone5はアップデートできなくなる。

少なくとも1台の古い端末がアップデート不可能になっているので、少なく見積もってiOS9の対応デバイスは以下になると予測できます。

  • iPad 3, iPad 4, iPad Air, iPad Air 2, iPad Air 3, iPad Pro
  • iPad mini 2, iPad mini 3, iPad mini 4
  • iPhone 5, iPhone 5c, iPhone 5s, iPhone 6, iPhone 6 Plus, iPhone 7
  • iPod touch (第五世代)

太字で書かれているものはまだ発売されていないデバイスのことです。つまり今年発売される予定のデバイスです。

別の名前でリリースされる可能性もあります。(iPhone7 = iPhone6S など)

iPod touchは最悪の場合、Appleからいないもの扱いされる可能性もあります・・・。

新機能:ペアレンタルコントロール

年を追うごとに子供へのスマートフォンなどの電子機器が需給する割合が増えています。

そこで懸念されているのがスマートフォンへの依存、課金、子供にとって有害な機能などがあります。それを管理者がコントロールできるペアレンタルコントロールの強化が図られます。

マイクロソフトのウィンドウズフォン、グーグルのアンドロイドは上位のペアレンタルコントロール機能が既に備わっています。

例えば、ゲームアプリの起動時間を細かく制限できることなどです。

〇〇時~〇〇時まで。起動時間は〇時間以内など。

それ以降はゲームアプリを起動しようとすると自動的に教育系アプリが起動するとかだと面白いかもしれませんね。(適当)

k

新機能:マルチユーザーサポート

これはiOS8に搭載されるだろうと多く予測されていましたが、見事に叶わなかった機能です。

マルチユーザーサポートはiPadなどを家族で利用するとき、それぞれが自分のアカウントでログインできるようにする機能などのことです。

イメージでいうと、Windowsのユーザーログイン画面みたいなものをiPadやiPhoneにも搭載しようという考えです。

この機能が搭載されれば、友人などに貸すときも「ゲスト用」のアカウントを選べば自分の写真などの個人情報を漏洩せずに済みます。

iOS8にこの機能が搭載されなかった理由は、Appleが家族ごとではなく、個人ごとに端末を買わせたいという望みから。という意見もありました。

新機能:FaceTimeでビデオメッセージ

FaceTimeでビデオメッセージが送信できるようになります。

しかし、まず日本でFaceTimeを利用している人は少ないですし、ここらへんの説明はいりませんね。(適当)

新機能:FaceTimeで会議

最大で10人まで参加できる会議が実装されます。

FaceTimeで会議が出来るようになると利用者が増えるんじゃないでしょうか。(今のところ出来るのはカカオトークのみ。*skypeは開けない)

Facetime

新機能:5画面のマルチタスク

これもiOS8に搭載されると予測されたものですが、また見事に外れています。

マルチ画面とは、iPadなどで1画面の中にいくつかの画面を表示させることです。

例えば、2画面映せるとします。そうした場合、左側にSafariでwebページを映して右側にPagesなどの文書アプリを起動してウェブアプリをみながら文書を作成できたりします。

それ以外にも、動画をみながら他のことを出来たり、LINEなどのSNSを別のことをしながら簡単に返信できたりします。

脱獄アプリを使えば現時点でマルチ画面に対応させることが出来ます。

iPad_Pro_Ramotion_concept_600e

もちろんですが、これはiPhoneには搭載されません。(いや、Appleならやってくるかもしれない。使わないけど)

といっても、iPhoneは今ハンパない大きさになってきているのでこれが実装されてもおかしくありません。

希望:デフォルトアプリの管理

iPhoneを使ってる人はオシャレな人が多いのでホーム画面のアプリを気にしてる人も多いと思います。

そんな中で、appleの使いもしない意味不明なデフォルトアプリははっきりいって迷惑そのものです。消えないあたりもHao123並の鬱陶しさがあります。

今までは、この不必要なアプリどもを「APPLEのガラクタ」と名づけたフォルダにぶち込むことをしなければいけなかったですが、これが不必要になります。

新機能:省バッテリー

バッテリーの消費を抑える低電力モードが実装されます。

Appleは現在でも屈指の素晴らしい高寿命なバッテリーが搭載されていますが、誰もがバッテリーは限りなくよくなって欲しいと思っています。

そこで簡単な対策、省電力モードが実装されるでしょう。単純に、ボタンひとつでメモリ開放(無駄なアプリのシャットダウン)、画面の明るさを最適に調整、WiFiをオフにする。

などをボタンひとつでコントロールセンターからオン/オフできるようになったら便利になります。

 関連記事  iPhoneのバッテリー寿命を延ばし、バッテリー消耗を抑える方法

新機能:コントロールセンターの管理

コントロールセンターの下部にはつかいもしないようなアプリが入っていて正直意味がありません。

あそこに自分のよくつかう好きなアプリを設定できるようなったらコントロールセンターがより一層有意義なものになります。

iOS_8_Control_Centre_1000

ソーシャルメディアの統合

現在のiOS8は画像フォルダなどで画像を選択すると共有先のSNSを多数選択することができます。

その他にも、iOS9ではTwitterのつぶやき、FaceBookのつぶやきを同じフォームから呟ける機能などです。(これはiOS6時点では搭載されていました)

加えて、画像フォルダで共有先にあるYouTubeや自分には全く必要ないSNSは一覧から非表示にできるようになります。

マップ

Appleのマップはゴミ以下の性能でしたが、やっとまともな性能になってきました。

この流れでいくとiOS9のiMapはGoogleマップ並みになるかもしれない・・・?です。

これはつまり交通機関の情報などです。バス・電車の時間。

写真フォルダ

写真フォルダにはより簡単なアルバム作成機能と、プレイベートモードの実装です。

プライベート機能は実装されて欲しいですが、実際のところどうなるかはわかりません。