6708

世界のスポーツ

日本を含め世界では様々なスポーツが行われています。

サッカーやらバスケットボールやら。それから零細競技なんかを数え始めたらきりがないほどあると思います。

そこで近年、競技性の高いオンラインゲームがスポーツとして認知され始めています。

もとからeSports(電子スポーツ)と呼ばれてはいましたが、ここ数年で一気にスポーツとして認知され始めました。

それはアメリカで世界で最も人気のオンラインゲーム「League of Legends(LoL)」の選手にスポーツ選手用のビザが発行されたことから始まります。

ということでゲームを含めた競技人口の順位を作ってみました。

なぜ日本ではeスポーツが普及しないのか。世界のeSportsとプロゲーマーの年収!

お知らせ

当記事の情報がマツコ会議にて使用されました!

スポンサードリンク

競技人口ランキング

1位 バスケットボール 4億5000万人

michael-jordan-wallpaper35

世界で一番プレイヤーが多いスポーツはバスケットボールです。

その理由に、女子バスケットボールが非常に普及しているところにあります。

2位 サッカー 2億5000万人

T71471

1位のバスケットボールと大きく差が出ていますが、これはやはり女性への普及にあるそうです。

ワールドカップの盛り上がりを見るとサッカーが1位と思ってしまいますね。

3位 クリケット 1億数千万人

cricket

聞き覚えのない競技ですが、インドを始めとするアジアの国々でものすごい人気があるそうです。

競技自体は野球もどきっぽい何かです。

4位 テニス 1億人

image_20091024174932_2

最近では錦織選手の活躍で日本でも人気が出そうな競技ですね。現時点でも結構人気ですが。

5位 League of Legends 9000万人

bandicam 2014-10-30 02-39-37-450

ここにきて本題のeスポーツが登場します。全ての競技スポーツ人口の上位に入ってくるとはすごいですね。

因みに画像は今月行われたLeague of Legends Championship 2014 summerの決勝戦会場です

6位 ゴルフ 6500万人

golf-s6

次点でゴルフです。ゴルフは多分中年~の人口が多いからじゃないかと思います(適当)

7位 野球 3000万人

111(13)

野球の競技人口の分布は日本とアメリカが大半を占めているそうです。因みにゴルフもその様らしいです。

あとがき

このランキングには賛否両論あると思うんですが、こんな感じになりました。

統計方法からなにからなにまで正確に比べられるものでもないのですが、無理やり順位付けするとこうなりますね。

因みにLeague of legendsのプレイヤー人数は今年1月に発表された月間アクティブユーザー数を参考にしています。

eスポーツが普及しているとはいえ上位にランクインしているのはLoLのみなのでこれから他の電子競技の成長が楽しみですね。

世界のプロゲーマ参加のゲーム大会の規模が凄すぎる。賞金総額10億円