寝ながら使えるトラックボールマウスですが、ココ最近、押入れの番人と化しているので、ちょこっとレビューしたいと思います。

今回紹介するのは、LOGICOOLのワイヤレス トラックボールマウス M570tです。

Marines ‘ignite’ 2011 Miramar air show audiences

スポンサードリンク

トラックボールマウス

トラックボールマウスは普通の光学マウスに対して、なんか丸いボールみたいなのをコロコロまわしてカーソルを動かすマウスです。なので、寝転がっていても使うことができます。だから寝ながら使えるマウスってことですね。

自分が買ったLOGICOOLのマウスは側面?に青いボールがついています。

71Xo3MZ5vHL._SL1500_

この青いボールを転がして操作します。見た感じなんか奇抜な感じですが、使ってみると意外と普通です。

LOGICOOL ワイヤレスマウス M570t

なんでこのマウスにしたかって、Amazonで検索したとき一番上に出てきたからですよ。PC周辺機器大手LOGICOOLということと、見た目がかなりかっこよかったのでコレに決めました。

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t

新品価格
¥3,900から
(2014/9/6 00:16時点)

値段は4000円程度なので、割りと気にせず買えますね。

操作方法、使い方はざっとこんな感じです。

61o-X+aV4JL._SL1500_

こんな感じで、寝転がりながらYouTubeなんかを見るには最適の構造になっています。まあ検索が出来ないのが欠点ですが。。。

基本的な、カーソル操作・左右クリック・戻る進む、ホイールの機能が揃っているのでYouTubeで関連動画をたどりながらネットサーフィンをすることが可能です。

見たい動画はあらかじめ「お気に入り」や「後で見る」に追加しておくといいですよ。

ワイヤレスの範囲は1mくらいかなって感じです。1.5mくらい?実際はどれくらいかわからないけど、使ってみた感じそれくらいです。

電池の交換は基本的に必要ないです。使っていない間は自動的にスタンバイモード(電源オフ)になるので、電池の消費量がかなり少なくなります。

使ってみた結果

いや~。使ってみた結果なかなかよかったですよ。良かったですよ。良かったんですけど、途中から使わなくなりました。

何故かって寝転がりながらYouTubeをみるのが飽きたからです。

じゃあ何故今頃こんなの引っ張りだしてきたかって?これを購入したからですよ。フフフ。

LOGICOOL ワイヤレスキーボード Unifying対応レシーバー採用 K270

新品価格
¥1,350から
(2014/9/6 00:19時点)


同じくLOGICOOLのワイヤレスキーボードです。これで寝ながら完全にパソコンが使えます。

寝ながらパソコンを使う!

いや~。楽しいです。この二つがあればベッドで寝転がりながらでもパソコンが使えますよ。

まあ何が言いたいかって、高機能タブレットがあるこの時代にこんなことをする必要があったのかということです。