最近、テキサス親父ことトニー・マラーノさんの書籍「怒れ! 罠にかかった日本人」を読んでます。

自分がなかなか知る機会の無い政治的なことや歴史的なことが知れるから結構面白い!これは是非読んでほしいなぁ。

maxresdefault

テキサス親父

なにやら元気そうなじいさんがデカデカと写ってます。これがテキサス親父、トニーマラーノさんです。

まあこの方の説明はまあ置いといて・・。というわけにもいかないので適当にwikiと公式サイトのリンクと引用を。

コネチカット州生まれ、ニューヨーク市ブルックリン区育ちで、30歳よりテキサス州に在住。AT&Tの子会社のNew York Telephone Companyに30年勤め、2006年の定年退職後より動画サイトを中心に評論活動を行っている。 ニューヨーク市立大学卒(専攻は歴史学)。ハンドルネームはPropaganda Busterを名乗る。日本のインターネットユーザーには「テキサス親父」と呼ばれ、本人もその通称を気に入っており、動画の中で自ら「テキサス親父」と自称している事もある。

wikipedia

そう。テキサスに住んでるおっさんである。

そんな親日嫌韓のおっさんが書いた本(日本事務所)がなかなか面白いってハナシです。

スポンサードリンク

怒れ! 罠にかかった日本人

前半は日本韓国の現状や歴史について政治について、いろいろまとめられています。そして後半は、彼が過去にYouTubeにアップロードした500本を超える動画を文字起こししたものになっています。

いや~。本当に面白かったですよ。なんか新鮮な感じでした。自分が政治や各国の歴史的な部分に関してあまり知らなかったせいか、「そうなの!?」って思うところが、いっぱいあったね。

当たり前のことといえば当たり前なんだけど、日本のことを良く書かれて悪い思いをする人はいないからね。まあ一部の人は嫌かもしれないけど。

実際、全てのことに証拠が提示されているから素直に喜べる。これで証拠も何も書いていなかったらまあちょっとアレだけど。その証拠が信用できるかって言われたら、そんなこと言い出したらキリがないとしか言いようが無い。アメリカの公的機関に確認しただとか書かれているから本当のことだろう。動画にも書類を上げていたし。

・・・、とそろそろ本題から脱線し始めたぞ!

とりあえず、自分が言いたいのは1回こういう系の本を読んでみるといいと思う。この本じゃなくても、多分他の同類の本にも書いてあると思う。でも第三者から見た日韓の現状・歴史は独特の面白さがあると思う。

そうだったの。

自分が結構納得した韓国の異常な反日の理由が分かりました。自分は多分特別、政治に疎いので普通の人なら常識かもしれないですが。自分なりに分かりやすくまとめてみました!

(おかしいところがあるかもしれない。)

今、韓国の大統領「朴 槿惠」の異常な反日には、韓国の法律に関係しているそうです。韓国の法律には親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法と言う名の法律があるらしく、この法律によると日本に関係して得た資産は没収の対象になり、それは第三世代まで適応されます。つまり、じいさんが親日関連で大金を得たならそれは孫の代まで適応される・・・そうです。これは、共産主義国家・北朝鮮の法律をマネたもの。

そして、パク・クネの実の父親、パク・チョンヒは大日本帝国軍に使えていた軍人で、階級は将校にもなりました。つまり、韓国人が大嫌いな大日本帝国に使えていた軍人です。

これによると、パク・チョンヒは日本寄り→パク・クネは娘→財産没収!

この事実を有耶無耶にするために、朴さんは反日活動を進めているそうです。資本主義でない、社会主義共産主義の各国にまで擦り寄って行って。

これが反日の全貌です。

是非

テキサス親父の「怒れ! 罠にかかった日本人」 (SEIRINDO BOOKS)

新品価格
¥1,296から
(2014/8/27 00:23時点)


まあ、こんな感じに面白い話が沢山盛り込まれている。是非、読んでみてはいかが。