得する情報を不定期で更新していきます。個人ブログ。

モバイルセンター

etc IT・ガジェット

Vineに変わる"Sparkカメラ"!6秒ではなく45秒。無料だから使ってみた!

更新日:

screen568x568

AppStoreに今週限定でSparkカメラのPro版が無料配布されているので、いれて使ってみることにしました。

Sparkカメラとは

Sparkカメラは、最大録画時間が45秒間になったVineです。VineはTwitterで今最もアツイコンテンツなのでみなさん知っていると思います。

使ってみた

それでは実際使ってみることに。アプリ自体のデザインがシンプルでかっこいいですね~。

起動すると、もう直に録画できる態勢になっているのでいれたらスグに録画することが出来ます。

写真 2014-01-19 18 49 05

撮影方法

デザインだけでなく、操作方法もシンプルで撮影するときに画面を長押しするだけです。

適当に手元にあったキーボードを撮影してみることに(汚い)。中央の円をタップすることで撮影できます。

写真 2014-01-19 18 49 22

撮影が終わると撮った映像に上から色をかぶせることが出来ます。10種類くらい用意されてるので好きなものを使うといいと思います。とりあえず僕は色を被せないでオリジナルの無色でやってみることに!

写真 2014-01-19 18 50 46

好きなカラーを選択したら画面右側の緑ボタンをタップすることで動画の加工が始まります。加工時間はまあ普通って感じでした。

写真 2014-01-19 18 51 36

加工が終わると、5つのSNSからどこにシェアするか選択することができます!これも分かりやすくて良いですね~。分かると思いますが念のためそれぞれがなんのサービスか書いておきます。

左端から

  1. Twitter
  2. FaceBook
  3. Instagram
  4. iMessage
  5. Mail

よく使うSNSが全部揃っていい感じ。LINEがないけどLINEにはLINESnapが標準搭載されてるからいらないかな~って感じです。

とりあえず、作成完了したらどんな感じになるのか見てみよう。

コレ。謎だが一応取れてる。

それぞれの利点

この手のアプリは沢山ありますが、大手の(僕が使ったことがある)アプリを比較したいと思います~。

メリット

Vine

  1. Twitterが開発元の為Twitter上で閲覧できる。
  2. 6秒制限がある為シンプルで手軽
  3. ユーザーが多い

LINESnap

  1. LINE作成してスグにLINEで送れる
  2. 単一のアプリでできるから手軽
  3. 付属に簡単な音楽が付いてる

Sparkカメラ

  1. 撮影時間が最大45秒と長い為濃い作品ができる
  2. アップロード先がかなり多い

デメリット

Vine

  1. 6秒しか撮影できない
  2. アップロード先が少ない

LINESnap

  1. LINEでしか送信できない

Sparkカメラ

  1. アップロード先でリンクを開かないと見れない

感想

シンプルで使いやすく楽しいアプリでだったな~。アップロード先で動画リンク踏まなきゃいけないのがやっぱり痛かった。だから、やっぱり一番はVineだと思います。手軽だし。でもSparkカメラも他のSNSと提携を始めたらすごく楽しいアプリになりそうですね!

関連記事

-etc, IT・ガジェット

Copyright© モバイルセンター , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.