アドセンスで収益が上がらない~って時にはコンテンツを育てるのが一番の得策ですが、広告の貼り方やアドセンスの広告自体に問題があるかもしれません。

と、いうことで今回はアドセンスの広告自体の方で不必要、不適切な広告のブロックについて書きたいと思います!

google-adsense-google_adsense_logo

 

アドセンス

アドセンスには標準機能で不必要な広告をブロックする機能が搭載されています。

この広告をブロックする機能を使ってより良いアドセンス広告にしよう!というわけでボチボチ書いてきます。

基本的にブロックする広告は超クリック単価が低い広告や騙しクリック(ダウンロード広告など)やアダルト色が強い広告などです。

まず最初にこれらのような広告をブロックした方がよいのかブロックしない方がよいのか。ですが、自分は断然ブロックした方が良いと思います。

よく言われるのは、ブロックしないほうが最終的な利益は多いってのですね。なんかグーグルのお偉いさんも言ってたそうですがそうでも無いと思うんです。

騙しダウンロードからアダルト広告まで入るアドセンスはオワコン

上の記事でも書いているようにアドセンスには騙し広告が良く入ります。

よく勘違いしてしまうのが、「勘違いされるならクリック数増えていいじゃん!」・・・甘い!甘い甘い甘い!

なんせアドセンスにはあのスマートプライシング機能が搭載されているからだ!

アドセンスのスマートプライシングは悪戯で単価を下げる欠陥機能?

これも上の記事に書いてあるけど、間違ってクリックされたらクリックは取り消しになって更に今後の広告単価まで下げられてしまう。ヤバイでしょ。

まあ一日に何万PVも何百万PVもあるサイトなら関係ないけど小さなサイトにはデカイダメージだそうだ・・・。

それに騙しリンクの広告が貼られていたらサイトの評価も悪くなるしね。

というこで、ブロック機能は使ったほうがいいです。

Criteo

さて前置きがめちゃくちゃ長くなってしまったがここで本題。ウワサのクッキー取り消し広告「Criteo」の登場です。

あっ、言い忘れていた。ここから先はアフィリエイトもしているブログやサイトでしか関係ない話だからアドセンスオンリーの場合は気にしなくてもよい、というか気にしない方が良い記事です。

アドセンスで稼ぐならついでにA8.netでアフィリエイトをやったほうがいい

さあ問題のCriteoなんですが、何コレ?って楽天とか価格.comとかの広告を配信している広告メディアですね。(Amazonの広告も出してる?)

もうわかった方もいるかもしれませんが、一応。楽天の広告が出てしまうと少し問題があります。それは何かって、楽天の広告がクリックされたらクッキーが上書きされてしまいます。

アフィリエイト(成果報酬)とアドセンス(クリック保証)の使い分け

普通のASP(アフィリエイト代理店)だったら最訪問期間は30日だけどグーグルアドセンスは1日です。つまり、一度自分のサイトから楽天のリンクが踏まれたら30日間そのユーザーは自分のお客様なんだけど、Criteoの楽天をクリックされたらその30日間のお客様が1日間限定の人になってしまいます。

これじゃあもったいない・・・ということでブロック推奨です。

なんか調べてみるとそれ以外にもウザイ的な評価をあちこちでされていました。(広告主のサイトが叩かれるってある意味スゴイ)

というわけで評判の悪いCriteoについて紹介しました。他にもダウンロード広告がヤバイけど、URLが多すぎてここには書けないですね^^;

紹介しているサイトとかが多分あると思うので是非ググってみてください。