Yasukuni_Jinja

巷で話題の靖国神社とやらに今度いってみようと思う。

靖国神社に行くぞ!

最近巷で話題の「靖国神社」に行ってみようと思っているこの頃。
少なからずいってみようと思ったキッカケ的なのはこの本

バカの国

・・・ってワケではないけど、なんとなく暇というのと一度はいってみたいと思ってたから少し後押しさせる感じでね。(キッカケじゃねーか)

正直言うと、ジャスティンビーバーが行って有名になったから自分も見学してこようと言うこと。因みにジャスティンビーバーについては少しも興味がない。

ま、行こうと思えばいつでも行けるんですけどね。(詳しくはプロフィール)

自分は静岡県住みだから東京は遠いような近いような感じだけど新幹線で5000円くらいかな。

東京観光を含めていってくればまあまあ大丈夫な出費だ。

静岡県から靖国神社までどうやって行くのかすらわからんけど行ってみたいね。

自分は神社に行って「心が洗われた!」って感じのタイプの人間じゃないから、行っても「ほぉ~こんな感じか!」で終わってしまうと思う。

とりあえず、暇があったらいってみようと思います。

靖国神社ってなんだよ!

さあ前置き?が長くなりすぎた。いや今から書くのが前置きかもしれない。

靖国神社と言えば、政治家(首相)やらジャスティンビーバー(歌手)とかの著名人が訪れたら何故か話題になってしまう神社

その中でも特に際立って批判してるのは中韓あたり。その他はトンスルーランドとかかな。

俗に「靖国神社問題」とか「靖国問題」とか言われてるヤツですね。

正直言わせてもらうと、自分は政治とか歴史とかに全く詳しくないからなんともいえないけどね(文系卒)

政教分離がなんたらで批判されてるのかと思ったら、「A級戦犯が祭られてる神社に国の指導者が参拝するのはおかしい」ってことらしい。

とりあえずWikipediaより靖国問題の概要を引用。

靖国神社の前身である東京招魂社は、大村益次郎の発案のもと明治天皇の命により、戊辰戦争の戦死者を祀るために1869年(明治2年)に創建された。後に、1853年(嘉永6年)のアメリカ東インド艦隊の司令官ペリー来航以降の、国内の戦乱に殉じた人達を合わせ祀るようになる。1877年(明治10年)の西南戦争後は、日本国を守護するために亡くなった戦没者を慰霊追悼・顕彰するための、施設及びシンボルとなっている。

「国に殉じた先人に、国民の代表者が感謝し、平和を誓うのは当然のこと」という意見の一方、政教分離や、第二次世界大戦前の日本について侵略だったか自衛だったかといった歴史認識、日本の支配及び日本軍が送られ犠牲者も出た近隣諸国への配慮からも政治家・行政官の参拝を問題視する意見がある。終戦の日である8月15日の参拝は戦争の戦没者を顕彰する意味合いが強まり、特に議論が大きくなる。

日本兵が戦友と別れる際、「靖国で会おう」と誓ったことから、靖国神社は日本兵の心の拠り所としてのシンボルの一つであった。

他方、戦争被害を受けたという意見の中国や韓国は、靖国神社にA級戦犯が合祀されていることを理由として、日本の政治家による参拝が行われる度に批判反発している(諸外国の反応の詳細については後述の#日本国外の見解を参照)。もっとも、1979年4月にA級戦犯の合祀が公になってから1985年7月までの6年4月間、大平正芳、鈴木善幸、中曽根康弘が首相就任中に計21回参拝をしているが、1985年8月に中曽根首相が参拝するまでは、非難はされていなかった。1985年の参拝に対しては、それに先立つ同年8月7日の朝日新聞が『靖国問題』を報道すると、一週間後の8月14日、中国政府が史上初めて公式に靖国神社の参拝への非難を表明した[要出典]。一方で、戦没者を慰霊追悼・顕彰するため、外国の要人も訪れている[要出典]

なお亡くなった戦没者を慰霊追悼・顕彰するための施設及びシンボルとする解釈が現在だけでなく戦前からも一般的だが、神社側としては「国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊を慰め、その事績を永く後世に伝える」場所, および「日本の独立を誓う場所」との認識が正しいとのことである。

http://ja.wikipedia.org/wiki/靖国神社問題

へ~。

まあ半分以上知ってることだったね。Wikipediaが必ずしも正しいワケではないけどこの状態が保たれてるということは世論的にはコレが正しいんだろう。

さっきも書いたけど韓国が批判するのは青線部のことが原因。A級戦犯って言っても裁判したのは敵国だからね。

東京大空襲や原爆投下などした国が裁判したものだからよくわからんとか良く聞く。

まあA級戦犯なんて自分は前まで永久戦犯かと思ってましたよ。

「A級戦犯は極刑で罪を償ったからもういいだろ!」的なことを耳にしたけどそれもまた違う気がする。

Wiki引用の茶線部の「国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊を慰め、その事績を永く後世に伝える」場所, および「日本の独立を誓う場所」の時点でA級戦犯者を祈る為のものではないって神社が言ってんだからそうなんだろう。

一応、日本の英霊を称える施設なんだから。

A級戦犯者は大体上層部だろうから戦ってはいないだろうけど・・・。

つまり何が言いたいかって言うと、日本の宗教事情に口出しするなってことですね。