得する情報を不定期で更新していきます。個人ブログ。

モバイルセンター

IT・ガジェット

日中韓合同開発のOS、Tizenとは何なのか?スマートフォンなどの様々なデバイスに対応したOS!

更新日:

tizen

 

Tizenとは?

読み方

読み方はTizenで"タイゼン"と読みます。それと別名「第3のOS」とも呼ばれます。(iOS,AndroidOS→TizenOS)

概要

Tizenは、LiMo Foundation Linux Foundation Intelがメインで開発を進めるTizenプロジェクトの、スマートフォンやタブレット、パソコン上などで動くオープンソースのシステムのこと

元はMotorola、NEC、Docomo、MobileCommunications、Vodafone、SamsungからなるLiMoFoundationで開発が進められていたモバイル向けOSのLiMo Platformと、Intelが開発を進めていたモバイルOSのMeeGoと合併してできたのが、Tizenらしいです。

Tizenが搭載される端末

まだ正式に決まっている端末はなく、Tizen搭載端末も開発中だそうで、 プロジェクト関わっている少数の企業から来月おこなわれるMobile World CongressでサムスンからTizenOS搭載のスマートフォンの「お知らせ」があるらしいです。それからNTTDocomoの広報担当者からの話で、3月末にはTizen搭載スマートフォンを発表するらしいです。

tizen-os-1

 

サムスンは以前、モバイル向けOSのBabaを開発していましたが途中で断念したかTizenプロジェクトと合併したかはわかりませんが開発を中止しています。それほど、世界のトップシェアを誇るAndroid,iOSの二つに挑む形となるのは難しい話でしょう。TizenOSが成功すれば国内モバイル向けOSのAndroidOS,iOSの実質独占を回避できることになるかもしれませんね!

ネット上の反響

国内初のモバイル向けOS開発でネット上の掲示板からも賛否の声がでています。

  • 中韓が絡んでいるのは怖くてつかえない。
  • 既に便利なOSがあるんだから新たに作る必要はない。
  • わざわざ未完成のOSを使いたくないな。
  • こんなの今更、誰が使うんだ?
  • もう新しいOSの開発は無理だよ。

などと否定的な意見が多くみられます。中韓の件はきっと中国のBuiduIMEのデータの不正転送の話から発足したんだと思います。新しいOSの開発は無理、世界のモバイル向けOS情勢からみるともう不可能かもしれません。

6596df52

 

(ある時のデータの一部)

日本では、マスコミが煽れば結構売れそうなのでまだ日本じゃわかりませんけどね~・・・

関連記事

-IT・ガジェット

Copyright© モバイルセンター , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.