得する情報を不定期で更新していきます。個人ブログ。

モバイルセンター

etc iPhone IT・ガジェット

iPhone6とGalaxyS5、発売前に噂同士で徹底比較!

更新日:

samsung_galaxy_s5_vs_apple_iphone_6

 

次世代GalaxyとiPhoneを比較してみる。まだどちらも発売前で確定した情報も少ないですが、最近ごくわずかに新型機の情報が漏れてきている状況にあります。そこで噂同士、GalasyS5の噂とiPhone6の噂を比較してみることに。

デザイン

SamsungGalaxyS4

サムスンより、GalaxyS5には特別なフレームを用いるとされ、それはカーボンファイバーを使用した軽くて丈夫なスマートフォンを実現できるかもしれないと発表しています。しかし、その後の報告次第では必ずしもそうなるとは限らないとされているそうです。

samsung_galaxy_s_v_concept

 

この画像は、SamsungGalaxyS5に使用されるとみられるフレームにOSが起動している画面を被せたコラージュ画像なので、本当にこの画像になるかはわからないし、なんともいえないのですがこの形だとしたら新型iPhoneのiPhone6とも似たようなデザインになりますね。サムスンは以前GalaxyS5ではカーボンファイバーを使用して軽くて頑丈なスマートフォン実現できるみたいな感じでしたが、その後の報告では必ずしもそうなるってことはないみたいです。

追記:プラスチック製が85000円 メタリック製が105000円で販売されるそうです。

GalaxyS3からGalaxyS4へのデザイン変更で不評だったと仮定し、サムスンはGalaxyS4からデザインをずらしてくると思われているそうです。

galaxy-s5-render-2014-490x275

 

GalaxyS4に使用されるフレームの材質は金属やプラスチック、カーボンファイバーなど様々な噂がありますがどれもどうなるかわからないので楽しみですね。

AppleiPhone6

iPhone6で噂されている最大の噂といえば、ディスプレイサイズ変更とそれからくるデザインの変更だと思います。4.7インチ~5インチなど様々な噂がありますがそれに伴うデザインの変更があるかもしれません。

screen_shot_2013-09-25_at_13.20.42_0

 

このようにiPhone自体のサイズは変わらず、iPhone上の無駄な部分に画面がかぶさってくるという可能性もあります。この状態だとGalaxyS5に似ていますね。この画面の大きさに比べ厚さは6mmとかなり薄いことからiPhoneAirとも呼ばれる可能性があるそうです。

ストレージ容量

iPhone6はいままで通りに16GB,32GB,64GBを発売する考えのほかにiPadなどのように128GBを発売するという可能性もあります。Appleはリリース毎に何かしら可視化できる機能をワンランクアップしているので32GB,64GB,128GBのストレージ容量で発売されるかもしれませんね。

GalxasyS5は一貫したmicroSDを使用したストレージなので直接サムスンがストレージ容量に関わることはわかりませんが、より大きな容量を保存できる記憶媒体を対応させるかもしれません。

ストレージ面では、GalaxyS5のほうが拡張性があっていいですね。

パフォーマンス

Appleはきっと64ビットのプロセッサを採用し続け名前はA7Xになるでしょう。性能はiPhone5sより更に高い処理速度を提供してくれると思います。

更に、メモリ(RAM)は前回の2倍の2GBにもなる可能性があります。今まででも、十分な1GBより更に上乗せしてくるあたりをAppleだから。と捉えています。

Sumsungは現在、驚くほど高性能なCPUを開発しているらしく、Appleがデュアルコア1.3GBで停滞しているなかSumsungは「コアが多いほうが優れている」を一貫して64ビットの8コアのCPUができそうです。

exynos5octa_02

 

カメラ

Appleが特許申請中の機能をiPhone6に搭載する可能性が高いらしいです。その機能は実際に撮影したときの画像のピンボケを修正するオートフォーカスでカメラの画質自体はソニーのXperiaなどの端末より低いとしても実際に残る画像はAppleのiPhoneのほうがキレイだと思われます。iPhone6にはスローモーションビデオで高FPSの撮影ができるらしいです。それとも単純に画質を向上させるかもしれません。

screen_shot_2013-09-10_at_19.35.16_1_0

 

サムスンは2014年に自社開発する16万画素のISOCELLセンサーを搭載を検討しています。現在8MピクセルのISOCELLセンサーのテストをおこなっているようです。

その他、ハードウェアの機能

Appleは高い性能を誇る指紋認証システムTouchIDをiPhone6に対応するほか、その他のセキュリティシステムに顔認証システムも搭載することからiPhoneの機能が最先端になりそうですね。そのほかにもiBeaconsやNFCの技術開発も進めています。

20130912220646

 

対するサムスンも、ユーザーの目の視線でwebページをスクロールする機能やユーザーが画面を見ているときは電源ONなどAppleとはまた違った方向へ技術開発を進めています。

考察

どちらのデバイスも、確実に進化しておりそれもお互い違う方法に技術開発が進んでいておもしろいな~と思います!Apple、Sumsungもユニークな発想があることに変わりはないですね。一概にどちらがいいかはわかりませんが、性能はここまできたらもうあまり変わらないと思うので目で操作するか指紋で操作するかで決めても良いかもしれませんね!(笑)

関連記事

-etc, iPhone, IT・ガジェット

Copyright© モバイルセンター , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.